ガスコンロ改修 福岡で爆発事故

パロマ工業が製造・販売するガスコンロのバルブ部分で点火の際にガスが漏れ、爆発事故が発生。

パロマとこのコンロが入ったシステムキッチンを製造・販売するタカラスタンダードは12日から、リコール(無償改修)する。

事故は昨年11月29日に福岡県で起き、コンロの使用中に炎が上がって爆発。けが人はなかった。

経産省は、製造の際にバルブの部品を取り違えたためすき間が生じ、点火の度にガスが漏れたのが原因と見ている。

 対象部品はタカラのシステムキッチン「BGA」シリーズ(約1万台)と、パロマ工業のビルトインコンロ、テーブルコンロ(10機種で約8500台)。

【Yahoo!ニュース】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080111-00000092-mai-soci


パロマでまたかという感じで残念です。
詳しくはコチラからリコール該当器種/対象製造期間が調べられます。


【お問合せ】
  専用フリーダイヤル 0120-758-373
        受付時間 : 平日 午前9時 ~ 午後6時
        ※ 1月中は土・日・祝日も受付